ついにこの日が来た! 私にとってアルクトゥルスのことを書くことがなぜかこんなにうれしくてドキドキすることなので・・・